スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピッキング。

クラプトン(CREAMバージョン)の"CROSSROADS"
この曲のセカンド・ソロに挫折してから、やや方向性を失いかけていた、
ギターライフ。ですが、まだまだ続きます。

ギター教室の先生に言われて今やってること。それはピッキング~カッティングの練習。

ギターは(ピック弾きの場合)ダウン⇔アップと弦を上下してピックで弾くんです。
一見、単純なようです。が、、、、これが本当に難しい。

レッスンで言われているのは、ダウンとアップの音質を揃えること。音の粒を揃えること。
単音でも、そうじゃなくても。上から下に弾くのと下から上に弾くのと、同じ音がしなくちゃいけない。
これって普通意識してなかったポイントでしょ?
少なくとも、ボクはそこにこだわったことはなかったな~。

で、そのためにはピックが弦に当たる角度がダウン⇔アップで、同じであることが求められるんです。
そして、例えばコードで弦を複数弾く場合、弦間のタイムラグを無くすためにも、鋭く、一気に弾く。

例えば。
初心者のコード弾き「ジャラーン。ジャンジャンジャラジャラ。」
上手い人のコード弾き「カーン!シャキ!シャキーン!カッカッツカキーン!」
このぐらいの違いが出てくるわけです(なんのこっちゃ)

で、最近、自分のギターからも「カーン!」系の音が少し出始めた気がする(イエーイ)。


ま、そんなこって。地道に、地道に、弦を弾いておる毎日です。
で、この間にもいくつか曲に取り組んでいます。

The Beatles "Black Bird" (ギターはほぼ完成。あとは歌。てかこれ、弾きながら歌える?ポールって天才)
The Beatles "LET IT BE"の有名なソロ・パート(これは先生に言われて取り組んでる。多分、弾けてると
 思う。基本テクのオンパレードだが、細かいポイントがある。今週のレッスンでチェック)
The Beatles "MICHELLE" (コードが結構難しいよ。これは今からマスターします。)
The Beatles "CAN'T BUY ME LOVE"(コレくらいなら弾き語れそう。が、リズムがシャッフルしてるんで、リズム
 キープの練習が足りてないことに気付いた)
The Beatles "A HARD DAY'S NIGHT"(弾ける)
The Beatles "PLEASE PLEASE ME"(弾ける)

ビートルズばっかやけど、そんなにビートルズマニアでもないんやけどね…。

ボロボロの"赤盤"のスコア。名曲揃い!レノン/マッカートニーはやっぱすげえぜ。
DSC_0702_convert_20110412235319赤盤


 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちゃたひま

Author:ちゃたひま
30代男性。
ハニー(妻),2匹の子犬
とともに暮らしてます。
さらにその子犬に子供が2匹
生まれました!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。