スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16分ノリの中の8分

音楽に興味ない方がいたら、飛ばして下さいね。

今、CREAMの"CROSSROADS"に取り組んでます。
("SHE LOVES YOU","GOD SAVE THE QUEEN"はレッスンで合格)

レッスンの度にいつも言われるのが「リズム」について。

ピストルズお決まりのスライドによるリフ・パターンも、
「リズムがハシっているので、リズムに乗せてスライドするように」と。
ですので、最初はスライドではなく、ピッキングに合わせて一瞬で
スライド移動する練習を繰り返しました。

一応、合格とのお墨付きをもらいましたが、自分ではまだまだ。

ビートルズならやっぱ弾きながら歌えんと~とか。
(求む、ポールorジョン。だれかハモって)。
ピストルズも(バンドメンバーはいないが)
ソロも含めて余裕でキメれるところまで弾ききりたいとか。
要は、まだまだなんです。

で、本題に戻って「16分ノリの中の8分」ですが。

"CROSSROADS"はノリは16分なんです(16ビートとか、言い方は何でもよい)。
なんで、例えばこの曲の基本のリフ・パターンは8分なんですが、
それは16分ノリの「アタマ」にあたるから、ダウンピッキング。
だけど、時々入ってくるシンコペーションで16分の「ウラ」が来るときは、
「ウラ」なんで、アップピッキングになるわけです。
ですので「常に16ビートを感じながら、8分を弾く」となるんです。

(音楽にキョウミない方、もしいたらゴメンナサイ)

一方で、例えばレッスンの同じ先生の指導でも、
「ピストルズのソロはダウンピッキングオンリーでいった方が、荒々しいニュアンスが出るから良い」
とかもあるわけです。曲によって、弾き方が変わってくるんです。

なのになんでこんなややこしいことをえんえんゆってるかと言うと。
音楽で大切なのは、リズムそしてグルーブ感でしょ。
基本のリズムの取り方、グルーブ感の出し方として、
この曲の場合、「常に16ビートを感じながら、8分を弾く」
そのための、オルタネイト・ピッキング(ダウン&アップピッキングを交互に繰り返す)を、
基本通りやりなさい、とゆうことなんですね。

"CROSSROADS"の楽譜
DSC_0638_convert_20110313233406gakuhu.jpg

弾いてないところでも、右手は小刻みにビートをきざめ。
体でグルーブを感じながらビートをきざむために、空ピッキングをしなさい。
今はイントロを終えて、最初のソロのところをやってます。
この曲もやっぱ、弾きながら歌えるとこまでいきたいなと思ってます。


ところで、「グルーブ感」の意味って、まだよくわからないんだが、いったいなに。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちゃたひま

Author:ちゃたひま
30代男性。
ハニー(妻),2匹の子犬
とともに暮らしてます。
さらにその子犬に子供が2匹
生まれました!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。