スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震災害に寄せて

地震の発生当日、ボクは職場で発生したトラブルに対応するため、病院にいた。
正確な時刻は憶えていないが、座っていて頭がグラグラグラと揺れた気がした。

周りの人に特に変化はない。ボクも気のせいかと思った。

しばらくして病院内のテレビを見た。信じられない光景だった。

船が流されていた。車が流されていた。大津波がやってきていた。


昨日そして今日にかけて、テレビでは今、わかる限りの情報を懸命に伝えている。

とにかく少しでも多くの方が助かり、一刻も早く救助されてほしい。
まだ救助されていない沢山の方が、今この時を耐えて救助されるその時を待っていると信じたい。
救助された方でさえ、きっとこの夜を凍えて過ごしているだろう。

どうか、どうか。


阪神淡路大震災から、もう15年以上が過ぎたが、当時見た神戸の景色を思い出す。
街が燃えていた。沢山のものが焼けるにおいが鼻に残る。
今でもそのにおいは忘れられない。
みんな線路の上を歩いていた。それは、そこが一番安全で歩きやすかったから。
でも、実際に線路の上を歩いたら、本当はとても歩きにくいよ。

大震災のあと、8年くらい、ボクには「地震の音」が聞こえていた。
地震(余震)が来る10秒前くらいから、遠くから何かが鳴る音が近づいてくる。
聞こえてくるんです。
文字にすると、「ゴオオー」という感じかな。地響きとも違う。
そして、そのあとに揺れがくるんです。
だから、災害前に鳥が逃げる、ネズミが逃げると言うけど、わかる気がする。
少しだけど、ボクにも聞こえていたから。


今回の大災害に寄せて、現地の方の安全と無事を祈るとともに、
ボクたちは一人一人、小さくても何か自分にできることを考えるべきじゃないだろうか?
なにか自分にできることを。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちゃたひま

Author:ちゃたひま
30代男性。
ハニー(妻),2匹の子犬
とともに暮らしてます。
さらにその子犬に子供が2匹
生まれました!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。